塩釉平鉢 / 酒井敦志之作

笠間で作陶されている酒井敦志之さんの塩釉作品。
「塩釉」とは、釉薬の代わりに塩を使う技法です。
薪窯で高温焼成中(1250℃〜1300℃)に火口から窯の内部に投入した塩が化学反応でガラス質の釉に変化し、艶のある特有の光沢を生み出すのが特徴です。
現在は様々な要因からこの技術を受け継ぐ人は少なくなっています。
貴重な技術を受け継ぐ酒井さんの塩釉作品。

こちらは塩釉平鉢。
鉄釉と塩釉の織りなす色合いが見事な鉢です。
盛り鉢として、また海鮮丼など丼のようにお使いいただいても素敵です。
鉄釉の融け具合、焼成の色合いは一つ一つ異なりますので、お好みのものをお選びください。

ご使用の前に
ご使用の前に、水またはぬるま湯に浸しておいてください。汚れやシミがつきにくくなります。詳しくは別ページの「お取扱いについて」をお読みください。

大きさ:径約21.5cm 高さ約5cm
手作業で仕上げておりますので、若干の誤差はご了承ください。
製作者:酒井敦志之

*ご使用のモニター環境により色合いなど実物と若干異なる場合があります
販売価格 8,800円(税込)
在庫数 残り4個
購入数

色合い


おすすめ商品


鳥箸置き/馬目隆広

660円(税込)


ジャムスプーン /里見裕子

1,672円(税込)
SOLD OUT


作家

営業日カレンダー




手乃音について

茨城県つくば市吉瀬1679-1




11月の営業変更日

11月23日(火)〜26日(金)
展示作品入れ替えのため休業
             



*************************
このサイトおよび関連するSNSなどに掲載されている写真・画像・デザイン ・文章の無断転載はご遠慮ください。
*************************



最新情報更新しています。
 
インスタグラムのダイレクトは使用してませんので、ご質問、お問い合わせはこちらのオンラインショップ左上の「Contact お問い合わせ」よりお願いいたします。

Top